公開日: 2022年5月21日 - 最終更新日: 2022年5月21日

知れば知るほど魅力的*地域活性の立役者・地域おこし協力隊を深掘り!

染川千恵染川千恵
  • シェア
  • twitter

こんにちは、やまとーヤクルト広報・染川です(^^♪

ゴールデンウィーク、皆さまはいかがお過ごしでしたか?

最近、休止していたイベントが少しづつ再開されているというニュースをよく観ます。
賑わいが戻ってきていると実感出来て嬉しい限りです。

やまとーヤクルトは、2022年5月14日(日)に蜂が峯総合公園(山口県玖珂郡和木町)で行われた「Waki-Hachi Marche」に出展してきました!

このイベントは、山口県の和木町・地域おこし協力隊員の主催で開催されました。

企画・運営された隊員さんにお会いしたのですが、地域を駆け回り、たくさんの人と出会ってゼロからイチを創りあげていく…。
そんなバイタリティ溢れる姿に強い感銘を受けました!

そこで今回は、知れば知るほど魅力的な存在・地域おこし協力隊についてお伝えしていきたいと思います。
どうぞお付き合いくださいませ。

地域おこし協力隊ってどんなもの?

都市部から地方へ住民票をうつし、「地域協力活動」を行いながらその地域への定住・定着を図るという、国の人的支援のひとつです。

総務省が2009年からスタートさせた取組みで、隊員は任期期間で地場産品の開発・販売を支援したり、PR動画やイベントなどの企画・運営を担います。
「Waki-Hachi Marche」のような地域イベントがまさにそうですね!

やまとーヤクルト本社が位置する山口県岩国市で、2020年に着任していた地域おこし協力隊のひとりが携わった事例をご紹介します。

どなたか、「つまんでちょんまげ」という商品をご存知の方いらっしゃいませんか?!

岩国市の隊員が主体となって地産品で企画開発を進め、地酒に合うおつまみ統一ブランドとして起ち上げたもので、「つまんでちょんまげ」として商品化されたものなんです。
今も、岩国空港などで実際に発売されているんですよ!

地元の銘品が、新たに脚光を浴びて全国、世界へ発信されることを誇らしく感じます。
岩国市産業振興部 商工振興課 「つまんでちょんまげ」

インスタグラムなどで探してみると、同市内でも、他隊員が各自の個性を活かして精力的に活動されていることが伺い知れます。


もっと知りたい!と思った方、地域おこし協力隊の現役・OB&OGの声がきける「JOIN」隊員インタビューもおススメです♪
各地で奮闘する隊員さん達の活動や地域の人たちとの関わりが垣間見えて胸熱になること間違いなし!

だれでもなれる?

働き方改革やリモートワークの推進によって、ここ数年で田舎暮らしや地方での暮らしにメリットを感じ、改めて生活スタイルを見直す人が増えています。
また、進学や就職で一旦は離れてしまったけれど、地元へ戻って生活したいと考える人も少なくないようです。

・地域の活性化の役に立ちたい
・自分の能力や経験を活かしたい
・特定の地域で起業したい
・農業や水産関連の仕事がしたい

そんな風に考えている方が、積極的に手を挙げているようです。
何だか、格好いい!!

原則的に、「地域おこし協力隊」に年齢制限はありません。
ただし、着任する地域によって求める人材の条件・待遇は募集自治体により異なるようです。

隊員になると1年~3年ほどの任期で地域密着の活動をするのが一般的で、任期後にそのまま定住する方も少なくないようです。

どうやったらなれる?

着任したい地域から選ぶか、やりたいことから選ぶのが一般的です

応募した地方自治体によって書類選考や面接があります。

やりたいことが明確というような場合は、全国を取りまとめる総合窓口があって、そこへ相談するとマッチングしてくれます。

事前に登録しておいて、ヘッドハンティング的にお声が掛かるパターンも!

ちなみに、活動拠点(住まい)を確保&住民票を移すことは必須条件です。

これらのことをクリアして「地域おこし協力隊」として正式に採用されます。

▼全国の隊員募集情報・サポート窓口
一般財団法人移住・交流促進機構「JOIN」

 

まとめ

いかがでしたか?

現在、地域おこし協力隊を受入れる自治体・団体は1,000を超え、全国に6,000人規模で隊員の方々が活動しているそうです。(総務省地域を変える新しい力「地域おこし協力隊」より

自身の理想とする暮らしや生き甲斐を模索しながらも、地域に寄り添い、新たな風を送り込む隊員の皆さん。
今回の記事を書くにあたって、地元の隊員さんのインスタなどを見て、志や活動を知ることとなりましたが、ますますパワフル&魅力的な存在だと感心してしまいました!

冒頭で触れたイベント「Waki-Hchi Marche」では、体に優しい食べ物の販売やリラクゼーションなど約30店舗が集結。
当日はお天気に恵まれたこともあって、たくさんのご家族連れでとっても盛り上がっていましたよ♪

お腹の平和を守ってくれる★ヤクルトマン参上!

“親子でココロとカラダの健康を考える”をテーマにしたイベントで、やまとーヤクルトが無料で提供している出前講座・健康教室や健康づくりのサポーターとして管理栄養士と保健師による健康測定・健康相談を実施しました。

こういった形態でのイベント参加は初めてでしたが、来場の皆さんと有意義な時間を共有することが出来ました。
地域の方たちと触れ合う素敵な機会を、本当にありがとうございました!!

写真は、ヤクルト管理栄養士・保健士による健康相談

イベントの詳しい様子は、後日投稿予定の別ブログでお楽しみくださいませ♪

やまとーヤクルトは、今後も地域の皆さんの健康で幸せな生活づくりのお役に立てるようチャレンジして参ります。
どうぞ、ご期待ください!

山口県東部ヤクルト販売株式会社

山口県岩国市室の木町1丁目1-31

0120-3-89603 (月~土 8:30~17:00/年末年始・盆・日祝除く)

▼お問い合わせフォーム(クリックするとお問い合わせフォームが開きます)

山口県東部ヤクルト販売お問い合わせフォーム

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
染川千恵

染川千恵

東京生まれ、広島育ち、2人の子どもを持つ主婦でもあります。
8年間の中国在住を経て、主人の故郷"いわくに"へ戻ってまいりました。
『探求心と学ぶ心を忘れない!』
新米広報担当として、ヤクルトのヒト・モノ・コトを知り、その魅力を皆様にお届けしていきたいと思います。
皆様の健康づくりのお役に立てる情報はもちろん、身近な出来事あれこれを発信していきます♪