公開日: 2020年7月23日

うなぎを食べて夏を乗り切ろう!2020年8月2日は「二の丑」

藤堂 誠藤堂 誠
  • シェア
  • twitter

みなさんこんにちは。

7月21日は土用の丑の日でしたが、みなさんは「うなぎ」を食べましたか?

私は毎年、スーパーやコンビニのうなぎの予約チラシを見て「土用の丑の日」を知るのですが、2020年は夏の土用の丑の日が2回あるのをご存知でしょうか?! 8月2日がそれにあたります。

食べたという方もまだ食べてないという方も、8月2日の2回目の土用の丑の日(二の丑)にうなぎを食べて、これからの暑い夏にも負けず、乗り越えていきましょう!

土用の丑の日とは?

土用とは
「土用の丑の日」の「土用」とは、暦の「立春・立夏・立秋・立冬」の直前18日間を表す言葉です。「立春・立夏・立秋・立冬」は、1年を24等分してそれぞれの「節気」に分けた「二十四節季」という暦のこと。この中で「立秋」は現在使用されている太陽暦の8月7~8日にあたり、暦の上で秋が始まる日のことを言いますので、夏の土用はこの立秋の直前になります。
参考:小学館|パパママの教養 2020年の「土用の丑の日」はいつ?意味や由来、鰻を食べる理由は?鰻以外の食べ物・風習・行事をチェック!より

「土用」の期間は約18日間、「丑の日」は12日周期のため、土用の期間中に丑の日が2回ある年があります。今年2020年はその年で、7月21日の1回目の丑の日に加え、2回めの丑の日は8月2日にあたります。

なぜ、土用の丑の日に「うなぎ」を食べるの?

日本では古くから

・春の土用には、「戌の日」に「い」のつく食べ物や白い食材を食べる
・夏の土用には、「丑の日」に「う」のつく食べ物を食べる
・秋の土用には、「辰の日」に「た」のつく食べ物または青魚を食べる
・冬の土用には、「未の日」に「ひ」のつく食べ物または赤い食べ物を食べる

という風習があり、中でも1年の内で一番暑い夏の土用には、栄養のあるものを食べて元気に乗り切るための代表として「うなぎ」が食べられていたそうです。

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは江戸時代からだそうで、一説では、江戸時代に学者の平賀源内が仕掛けた販売促進がきっかけとも言われています。

うなぎの旬は夏?冬?

私は、毎年7月の終わりごろにうなぎを食べるので、その頃がうなぎの旬の季節だと思っていましたが、一般的に、天然うなぎの旬は10~12月だそうです。現在は、養殖の技術が高くなったこともあり、土用の丑の日で知られる7月が人工的に作られた旬のようです。

個人的に食べ比べたことはありませんが、冬のうなぎは脂肪を蓄えるので身がやわらかく、夏のうなぎはそれに比べてあっさりしているそうです。

旬の食材カレンダー|うなぎの旬

まとめ

毎年この時期になると、スーパーなどの店頭で大きく売場を展開している「うなぎ」ですが、調べてみるとこの時季だからこそ食べる理由があると分かりました。

最近では、旬の季節を考えることなく食べることのできるものが多いですが、1年の内で最もうなぎが注目されるこの時季に、ぜひみなさんもうなぎを食べてこれからの季節を乗り切りましょう!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
藤堂 誠

藤堂 誠

直販部 量販店担当山口県東部ヤクルト販売株式会社
入社当初はお得意先への納品業務を担当し、現在は量販店担当者としてエリア内のスーパーを中心に営業活動を行っています。
3人の子供と奥さんとの5人暮らし。少し前から子供たちの経験のために…と始めたキャンプに、今では親2人がハマっています。
https://www.yamaguchikentobu-yakult.co.jp/