公開日: 2021年2月18日

この時期つらくなる花粉症。2021年の飛散スタート時期とヤクルトの研究。

西本 江里西本 江里
  • シェア
  • twitter

こんにちは(^^♪やまとーヤクルト西本です。

2月に入り暖かい日と寒い日が繰り返しあり、少しずつ春を感じる気候も増えてきましたね。

花粉症の方にとっては、この時期になると洗濯物も外に干せなくなったりと辛い時期になりますね。

今回は改めてにはなりますが、「花粉症」を取り上げて記事にしてみます。

2021年の広島県、山口県の飛散時期と飛散量は?

毎年この時期になると飛散スタート等、花粉関連のニュースを気象情報で聞くようになりますので、ご存じの方も多いと思いますが、お知らせします。

広島県…飛散開始:例年並み、飛散量:200%以上、飛散ピーク:2月下旬

山口県…飛散開始:例年並み、飛散量:150~200%、飛散ピーク:2月下旬

広島県、山口県の状況ですが、飛散時期は例年通りですが飛散量が今年は多いと予測されています。

両県ともにピークは2月下旬とされていますので要注意ですね。

ヤクルトでの花粉症に関する研究

「乳酸菌 シロタ株」

生きて腸に到達する「乳酸菌 シロタ株」が花粉症におよぼす効果などをヤクルト中央研究所で研究しています。

スギ花粉症の患者109名を無作為に2群に分け、プラセボ飲料※または乳酸菌 シロタ株含有飲料を8週間摂取していただき、鼻炎症状を調べた結果です。

試験の結果、症状が中等症~重症の患者さんでは、乳酸菌 シロタ株含有飲料の摂取で、プラセボ群に比べて鼻炎症状の発症が2週間程度遅延しました。

「乳酸菌L.プランタルム YIT 0132」

この乳酸菌は、果汁でもはっ酵性が良く、はっ酵させた柑橘類の果汁を含む飲料をスギ花粉症の患者42名でのヒト試験を実施しました。 

上のグラフに見られるように症状が軽減されるという結果が得られました。この他、通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の患者に対して抗アレルギー作用を示すことが確認されています。

まとめ

このようにヤクルトでは花粉症についての研究を実施しています。

花粉症でお悩みの方は是非お問い合わせか、地域のヤクルトレディへお気軽にお声掛けくださいね♫

これから段々と暖かくなりますので、花粉症を少しでも軽減して気分も少しずつ楽になれると良いですね。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
西本 江里

西本 江里

宅配営業部 下松エリアマネジャー山口県東部ヤクルト販売株式会社
2009年息子が2歳の時にヤクルトレディとして入社。
そんな息子も早14歳になりました。当時の息子の夢は「ママと一緒にヤクルトレディになる!」でした(笑)
現在は下松センター担当。センターマネージャーとして頑張ってます。いつも響きわたるヤクルトレディの笑い声に元気を貰っています。みんなが笑顔になれるようこれからも頑張ります。
https://www.yamaguchikentobu-yakult.co.jp/