公開日: 2019年12月29日

お肌の老化が気になる女性必見!!なぜ?ヤクルトが化粧品を取り扱っているのか

小西 渉小西 渉
  • シェア
  • twitter

皆さんは、「ヤクルト」と聞くと何を思い浮かべますか?

・乳酸菌飲料 ・野球 ・おなかにいい ・健康 ・ヤクルトレディなど

が多いのではないでしょうか?!それが、世間一般的な「ヤクルトイメージ」だと思います。

でも、今日からそのイメージに『ヤクルト化粧品』も追加してもらえると嬉しいなぁ!(^^)!

ひとりの医学博士の想い

今から80年以上も前、ヤクルトの創始者-代田 稔は、人のおなかに良い乳酸菌の研究に取り組んでいました。「予防医学」をテーマに微生物の研究を続けた代田 稔は、やがて医学博士となり、「乳酸菌シロタ株」と命名される乳酸菌の強化培養に成功しました。そしてこの乳酸菌を使用した「ヤクルト」が発売され、世界の人々の健康を願う代田博士の想いはひとつの形になりました。

~乳酸菌のさらなる可能性を求めて~

「おなかに良い乳酸菌はお肌にも良いのではないか・・・。」

そのような考えから、乳酸菌のはたらきをお肌に応用する研究が始まりました。

なぜ?ヤクルトが化粧品を取り扱っているのか

ヤクルトは乳酸菌を通して人々の健康をまもりつづけてきました。そして今、乳酸菌を含めた微生物の可能性を、人と地球の健康に役立てるために、幅広い分野で研究・開発を進めています。そのひとつがヤクルトの化粧品事業・Yakult Beautiens(ヤクルト ビューティエンス)です。あなたの健やかな美しいお肌を、乳酸菌のチカラでまもる。それは乳酸菌と素肌の研究をつづけてきたヤクルトが提案する、内外美容です。

出典元:ヤクルト本社 Yakult Beautiens

ヤクルトの内外美容

内側と外側でありながら、一本の管でつながっている「おなか」と「お肌」。この両者に「乳酸菌のチカラ」を活かして、内から外から美しくなる。

内側:乳酸菌飲料を腸内に摂取することで「からだの内側(おなか)」の調子をととのえる。

外側:乳酸菌生まれの成分を配合した化粧品を使用することで「からだの外側(お肌)」をすこやかに導く。

これが、私たちが提案する「ヤクルトの内外美容」です。ヤクルト独自の本質的な素肌美へ導く このような考え方を『健腸美肌』と呼んでいます。

 

どうでしょうか!?ヤクルトがなぜ化粧品を取り扱っているのか、ご理解いただけたでしょうか?

決して思いつきではなく、根拠ある化粧品事業であることを!

ヤクルト化粧品は、ドラッグストアではお取り扱いはありません。各地域のヤクルトセンター・ヤクルトレディとYakult Beautiens・各サロンでお取り扱いしております。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
小西 渉
入社時は宅配営業部でしたが、現在は『いつまでも、たのしく、みんなで、キレイに』がモットーの化粧品部でサロン運営業務に携わっています。ブログ記事の内容は、食べることが大好きな私なので色んな地域の【食】をメインに投稿します。応援よろしくお願いします!
https://www.yamaguchikentobu-yakult.co.jp/