公開日: 2022年10月8日 - 最終更新日: 2022年10月14日

0歳児4名入園可能!五日市の認可保育園『おおぞら保育園五日市』【広島市佐伯区】

木島 信幸木島 信幸
  • シェア
  • twitter

こんにちは。やまとーヤクルトの木島です。

今日は、2022年10月現在 0歳児の入園が可能な広島市佐伯区の認可保育園『おおぞら保育園五日市』をご紹介します。

※2020年9月12日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2022年10月8日に再度公開しました。

 

今なら0歳児の入園枠に4名の空きがあります

おおぞら保育園五日市は、なら0歳児4名、1歳児2名、2歳児1名の入園が可能です。(2022年10月8日現在)

おおぞら保育園五日市は、定員が0歳~2歳 計19名の小規模保育園です。

ヤクルトが運営している保育園ですが、「事業所内保育事業」として広島市に許可を得た保育園です。
ヤクルトの従業員以外の地域の方も安心してお預けいただけます

 

小規模保育のメリットは?

定員19名の小規模保育園だからこそのメリットがあります。

  • 子どもの人数が少ないため保育士の目が隅々まで行き届く家庭的な保育が特徴です。
  • 保育士は、子ども一人ひとりにしっかり寄り添い、成長をサポートします
  • 子ども主体の保育を実践し、子どもたちの様々な姿に気づき、才能を伸ばすことにつなげます。
  • 子育てについての保護者の悩み事なども気軽に相談できます。
  • 給食は、専門の給食業者さんに委託していつも温かい手作りご飯を提供しています。もちろんアレルギーや離乳食にもきめ細かく対応しています。

 

子どもを預けても安心?

ヤクルトが保育所を始めたきっかけは、1963年(昭和38年)にスタートしたヤクルト独自の女性によるお届け組織である「ヤクルトレディ」。 小さな子どもがいても安心して働けるよう、1970年代に各地区において企業内保育を始めました。
ヤクルトの保育は長い歴史もあり安心できる保育施設のひとつです
広島市の監査を受けるだけでなく、ヤクルト独自の安全・安心に関する基準も毎年点検しています。

 

保育料も一般の認可保育園と同基準

「事業所内保育事業」とはいうものの、入園希望等は一般の認可保育園同様に広島市を通しての手続きになります。保育料も市の設定する通常の保育料と一緒です。
もちろん、2019年10月からスタートした「幼児教育無償化」の対象施設にもなっています。

さらに、ヤクルトレディ等の従業員は優先的に利用でき、保育料も格安でお預かりしています。

【ヤクルトレディお仕事情報】ヤクルトの仕事は子育て中のママにぴったり!

インスタグラム更新中!!

小さな芽を大事に育んでいる様子をアップしています。
保育士だから気づく子どもたちの成長過程を垣間見ることができるので是非ご覧ください。

おおぞら保育園インスタグラム

お問い合わせ先

入園希望を出す前の保育園見学も随時受け付けています。
興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

おおぞら保育園五日市 松井園長

おおぞら保育園五日市
電話番号 082-942-3302
〒731-5129 広島市佐伯区吉見園6-4 (五日市駅から徒歩約5分)

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木島 信幸

木島 信幸

入社して23年が過ぎました。宅配営業部に約20年間所属し、その後1年間の商品係(2tトラックでの商品配送や倉庫管理など)を経て総務部に異動しました。現在は、総務、商品係、保育、広報、品質衛生管理などあちらこちらに関わって仕事をしています。
石橋をしっかり叩いて渡りますが、叩きすぎで壊してしうこともあります。
https://www.yamaguchikentobu-yakult.co.jp/