公開日: 2020年8月11日

時には映画で感動したい!おすすめヒューマン映画3選!!

小沼 広達小沼 広達
  • シェア
  • twitter

みなさんこんにちは。やまとーヤクルトの小沼です!

みなさんは映画を観ていて、感動した事はありますか?
私は人よりも感動しやすいようで、心を動かされる映画を観ると、胸の奥がじーんと熱くなり、自然に涙があふれてきます。

今回は、そんな私が見てきた映画の中で特に心が揺れ動いたヒューマン映画を3つ、ご紹介したいと思います。

①グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年 アメリカ)

監 督 ガス・ヴァン・サント
脚 本 マット・デイモン

ベン・アフレック

製 作 ローレンス・ベンダー
出演者 ロビン・ウィリアムズ

マット・デイモン

ベン・アフレック

ステラン・スカルスガルド

ミニー・ドライヴァー

製作/配給 ミラマックス
配 給 松竹富士

 

まずはじめにおすすめしたいのは「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」です。

若き日の俳優マット・デイモンベン・アフレックと脚本を共同執筆したという逸話や、監督が奇才ガス・ヴァン・サントという、今にして思えば製作陣がすごすぎる作品です。

ストーリー

マサチューセッツ工科大学で数学の教鞭をとるジェラルドは、学生に難解な数学の問題を出すも、学生では誰もそれを解くことが出来ず、唯一正解を出せたのは大学のアルバイト清掃員のウィル。

ウィルの才能を見込んだジェラルドはウィルを取り込もうとするも、ウィルはケンカを繰り返す素行が悪い青年で何度も鑑別所を行き来していた。

何とかウィルを更生させようと心理学者にカウンセリングを依頼するも、ウィルは非凡な才能を発揮して心理学者を追い返してしまう。困ったジェラルドは最後に不仲であるが優秀な心理学者であるショーンに更生を依頼する。

おすすめポイント

この映画の魅力として思うのは、タイトルにもある通り「旅立ち」言い換えれば「成長」です。

それは主人公ウィルをはじめ登場人物全員に言える事で、誰しもが出会いから良い意味でも悪い意味でも成長していく様を丁寧に描いているからこそ、感動できるのだと思います。

昔この映画を観た知人が「観た後、俺の中をニュートリノが駆け抜けていった」と口にしましたが、多分それはそれぐらい爽やかな気持ちになったと言う事だと思います。

実際、私もニュートリノが駆け抜けていきました(笑)

 

②ニュー・シネマ・パラダイス(1988年 イタリア)

監督/脚本 ジョゼッペ・トルナトーレ
製 作 フランコ・クリスタルディ
出演者 フィリップ・ノワレ

ジャック・ペラン

サルヴァトーレ・カシオ

マルコ・レオナルディ

アニェーゼ・ナーノ

配給 日本ヘラルド

2つ目におすすめしたいのは、「ニュー・シネマ・パラダイス」です。
この作品は映画史に残る超名作として有名と思いますし、タイトルを知らなくてもあの叙情的な音楽は聴いたことはあるかも知れませんね。

ストーリー

映画監督であるサルヴァトーレは、ある日電話で故郷の映写技師アルフレードが亡くなった事を告げられる。
その電話の後サルヴァトーレは故郷とアルフレードとの日々を思い返していく。

おすすめポイント

ストーリー紹介が短い!と思った方もいるかと思いますが、書きたいことがありすぎてこれ以上、書けません。それほどこの作品は魅力あふれるものとなっています。

幼少のサルヴァトーレとアルフレードとの年齢を超えた友情。青年時代の恋。壮年期のノスタルジー。もう人生そのものと言って過言じゃないです。

そしてそれらを観た後で訪れる、感動のラストシーン。何回も観ましたが、ほぼ泣いてます。

 

③グラン・トリノ(2008年 アメリカ)

監 督 クリント・イーストウッド
脚 本 ニック・シェンク
製 作 クリント・イーストウッド
ビル・ガーバー
ロバート・ロレンツ
出演者 クリント・イーストウッド
ビー・ヴァン
アーニー・ハー
クリストファー・カーリー
配 給 ワーナー・ブラザース

最後におすすめしたいのは「グラン・トリノ」です。

映画界の名優兼巨匠クリント・イーストウッドが主演監督の本作。
「感動作品製造機」たるイーストウッド作品のなかでも私の中では、映画館で観た後思わずパンフレットを買ったほど特に印象深い作品です。

ストーリー

主人公コワルスキーは最愛の妻を亡くした元自動車工の老人で頑固者であるため、息子や心配で様子を見に来る神父とも心開こうとせず、孤独な生活を送っていた。

そんな時隣の家にモン族移民の少年タオの一家が引越してくる。
タオは不良グループからいじめられており、コワルスキーの愛車を盗む様に言われ、コワルスキーの家に忍び込むも・・・

おすすめポイント

ストーリーの軸としては、コワルスキーとタオとの交流を描くものとなっています。その中でもコワルスキーの孤独と心の闇が晴れていく様子は、心がほっこりします。

しかしそれで終わらせてくれないのがイーストウッド。さらなる波乱が待ち受けます。
それを越えた先にあるコワルスキーのやさしさが哀愁とともになんとも感動するところです。

 

まとめ

いかかがだったでしょうか?観たい作品はありましたか?
それぞれ、見ごたえも中身もしっかりある作品となっていますので、是非観てください!

これまでにヒューマン映画は多く観てきました!
まだまだおススメしたい作品がたくさんありますので、またの機会にご紹介させていただきますね!

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
小沼 広達

小沼 広達

2020年1月入社。現在30歳営業スタッフです!
大学卒業後東京で暮らしてきましたが、縁あって昨年岩国に引っ越してきました。
「誰かの役に立つ仕事をする」という思いを胸に、日々仕事に精進しています。
ヤクルトで地域の皆様の健康づくりに貢献しつつ、ブログを通じてお役立ち情報も発信していきたいと思います!
趣味は映画鑑賞で最近のオススメは「男はつらいよ お帰り寅さん」です。
https://www.yamaguchikentobu-yakult.co.jp/