公開日: 2020年12月19日

「ヤクルトは温めても良い?」寒い季節によくあるご質問に答えます

木島 信幸木島 信幸
  • シェア
  • twitter

こんにちは。やまとーヤクルトの木島です。

お正月を前にして寒い日が多くなってきましたが、ヤクルトを飲むのが億劫になっていませんか?

今日は寒い季節によくあるご質問の「ヤクルトは温めても良いですか?」にお答えします。

ヤクルトは温めても良いですか?

ヤクルトを直火や電子レンジで過熱することはお勧めしませ

ヤクルト本社の公式な回答はこちらです。

ヤクルトの乳製品は10℃以下で保存し、お飲みいただきたい商品です。 冷たいものが苦手ということでしたら、冷蔵庫から出してしばらく常温に置いてからお飲みください。ただし、常温での長時間の放置は品質が劣化するため避けてください。

乳酸菌は、人肌程度までの温度であれば問題ありませんが、温度が高くなると生菌数が減ることが考えられます。液温のコントロールが難しい直火加熱や電子レンジの使用などは、お勧めできません。

引用元:ヤクルト本社HP

寒い冬でも毎日飲むことをお勧めします

寒くてもおなかの状態は日々変化しています。風邪やインフルエンザも流行るこの時期、ヤクルトを毎日続けて飲まれることをお勧めします。

人の腸の中にはいろいろな菌がすんでおり、有用菌・有害菌がバランスを保とうとしています。ところが、そのバランスは、偏った食事やストレス、薬などいろいろな要因によりくずれ、有用菌が減少することがあります。そのような状態が続くと体の不調につながりやすくなるため、普段から生きて腸内まで到達する有用な乳酸菌 シロタ株を送りこむことをおすすめします。乳酸菌 シロタ株は腸に定着しませんので、毎日続けて摂ることが大切です。

引用元:ヤクルト本社HP

お客さまも勧める‼寒い日のヤクルトの飲み方3選

風呂上がりにヤクルトを飲む

寒い日は、ゆっくりお風呂に浸かりましょう。38~40℃のぬるめのお湯に20分程度、ゆっくりつかります。芯から温まった体でヤクルトを1本飲みましょう。温まった体にヤクルトが染み渡る感覚がクセになります。

入浴は寝る2~3時間位前がお勧め。芯から温まった体の深部体温が徐々に下がっていくなかで自然な眠気が出てきてスッと眠りにつくことができるそうです。

朝ごはんの後に飲む

朝起きてヤクルトをテーブルに出しておきます。身支度や朝食の準備などバタバタした後、常温になったヤクルトをお腹に補充。寒い冬の朝でも常温になったヤクルトなら習慣にできます。

ちなみに、ヤクルトはいつ飲んでも効果を発揮しますが、習慣づけに”朝食後の飲用”をお勧めしています。

ヤクルトはいつ飲めばいい?効果的な飲み方はある?よく聞かれる質問を解説します!

毎日バタバタと忙しい朝。忙しいからこそ手軽に1本!ヤクルトを飲んでおなかの調子を整えましょう!

「生きたまま腸内に到達する乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)の働きで、良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、おなかの調子を整えます。 」

散歩や運動の後に飲む

ヤクルトのお客さまは健康意識が高く、散歩やジョギング、グランドゴルフなど運動習慣のある方が多くいらっしゃいます。運動して体が温まったところで締めにヤクルトを1本。心地よい疲労感のなかで乾いた喉も潤います。

まとめ

健康な腸で長生きを!

ヤクルトが提唱する
健腸長寿 

寒い冬もタイミングを工夫して飲用を習慣化。

ヤクルトを毎日飲んで明るく元気に新年を迎えましょう!

お問い合わせ・ご注文はこちら

ヤクルトは、宅配(ヤクルトレディがお届けします)や店頭でお求めいただけますが、ヤクルト届けてネットやお近くのセンターなどでもお買い求めいただけます。お気軽に下記までお問い合わせください。

山口県東部ヤクルト販売株式会社
岩国市室の木町1丁目1-31
電話番号: 0827-22-8960
フリーダイヤル:0120-67-8960
ネット注文:ヤクルト届けてネット

寒い季節にラーメンはいかがですか↓

緑色の麺が特徴!モチモチおいしい麺許皆伝ヤクルトラーメン

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木島 信幸

木島 信幸

入社して23年が過ぎました。宅配営業部に約20年間所属し、その後1年間の商品係(2tトラックでの商品配送や倉庫管理など)を経て総務部に異動しました。現在は、総務、商品係、保育、広報、品質衛生管理などあちらこちらに関わって仕事をしています。
石橋をしっかり叩いて渡りますが、叩きすぎで壊してしうこともあります。
https://www.yamaguchikentobu-yakult.co.jp/