公開日: 2022年6月25日

【岩国・錦帯橋】観光「鵜飼」体験レポート!炎舞う夏の思い出作りに

赤木 千香赤木 千香
  • シェア
  • twitter

こんにちは!(^^)!

やまとーヤクルト保健師の赤木です。

暑いですね。

昨日は、新潟県では37.1度
全国各地でも猛暑日となったようです。

水分と塩分とほっとひと息(休憩)で熱中症に気を付けたいものですね。

さて、夏休みも近づき家族でお出かけする機会が増えてきますね。
先日、県外に住む友人が岩国に遊びに来てくれました。

岩国観光を堪能してもらいたい!ということで辿り着いたのが・・・

錦帯橋の鵜飼

岩国出身の私ですが、鵜飼船は初めて!
体験してみた結果

風流な雰囲気と船での食事が最高に良かった!

ということで、観光客にはもちろん、地元の人にも是非おすすめしたい錦帯橋の鵜飼を体験レポート♪

鵜飼の紹介はこちら↓をご覧ください。

【観光】岩国・錦帯橋で夏の風物詩『鵜飼い』を楽しむ

受付から乗船まで

18:30から受付開始。

受付は錦帯橋バスセンターの窓口。
岩国の地酒などこちらで購入できます。
お酒が弱い私ですが、雰囲気を楽しむため缶チューハイを入手。

ちなみに、船頭さんのおすすめのお酒は金雀(きんすずめ)

乗船前はまだ明るいです。

今回は3艘の遊覧船が出航。

19時まで川辺で待機。

遊覧‐食事タイム

19時から約40分は遊覧時間。

ゆっくりと上流へ。
錦帯橋を過ぎたあたりで停船し食事タイム。

半月庵鵜飼弁当・華

食事は、お弁当を予約又は、持ち込料一人200円を支払えば自で持ち込みができます。
お弁当を予約した人はお酒やおつまみの持ち込み自由なのがありがたい!
メニューはこちら

船頭さんのお話を聞きながら蛍や魚鑑賞を楽しみました。

お酒をゆっくり嗜みたい方は鵜飼時間でも食事はできますのでご安心ください。

遊覧時間がある理由

因みにこの遊覧タイムは鵜飼鑑賞でとっても重要な意味があるんですよ。
それは、鮎が寝るのを待つ時間!

鮎は夜は川底で寝ていますが、明るい松明の光にびっくりして、水中に出てくるそうです。

そこを鵜が捕まえるんですね。

鵜飼時間

10分ほどトイレ休憩をとり、20時頃からいよいよ鵜飼開始!

前半と後半と2回あります
鵜飼船は一回につき遊覧船を2周ぐるりと周ってくれます。

遊覧船から眺める錦帯橋。

いつも見慣れている錦帯橋も水上からだと一層迫力があります。

ライトアップが水面に反射していて幻想的。

クライマックス!

向かい風により、火の粉舞う鵜匠さんがかっこいい!

鵜匠さんの帽子は髪の毛が燃えないように保護しているそうです。

川辺に戻ってきた鵜が船の上で休んでいます。

因みに鵜は年功序列だそうです。
先頭から順に偉い鵜が並んでいます。

鵜舎に戻ったらご褒美のホッケを食べるそうですよ。

ゆかたDAY

浴衣で「鵜飼遊覧」に乗船される方はお得に鵜飼が楽しめます。
私が乗船した日もゆかたDAYで、沢山の外国人の方が浴衣で参加されていました。

ゆかたDAY開催日

  • 7/14、8/3・31
  • たなばた鵜ィーク 7/1~7 (七夕に合せて特別なイベントを開催)

 

岩国市鵜飼遊覧のご案内

鵜飼の予約・お問い合わせ

料金

鵜飼舟には、基本乗り合いとなります。

・大人(中学生以上)2,200円

・小人(小学生)  1,100円

団体の場合は貸し切りもできます。

予約カレンダー

こちらの予約カレンダーから空き状況を確認できます。

原則予約制ですが、余裕があるときは出航直前でも乗船可。

鵜飼のお問い合わせ先

岩国市観光協会 鵜飼事務所 

住所: 山口県岩国市岩国1丁目4-34
電話 0827-28-2877 (月~土 8:30~17:00/年末年始・盆・日祝除く)

 

これから暑さと本番となりますね。

夏バテ予防やキレイチャージにおすすめなヤクルト商品をご紹介します。

女性おすすめなヤクルト商品6選!

下の記事で商品や特徴をご紹介していますのでよろしかったらご覧ください。

ヤクルトレディに聞いた女性におすすめ商品6選♪職場にもお届け可能

ヤクルトのお問い合せ

ヤクルト商品のお届けのご注文・お問い合わせはこちらから

山口県東部ヤクルト販売株式会社

山口県岩国市室の木町1丁目1-31

0120-3-8960-3 (月~土 8:30~17:00/年末年始・盆・日祝除く)

▼お問い合わせフォーム(クリックするとお問い合わせフォームが開きます)

山口県東部ヤクルト販売お問い合わせフォーム

まとめ

鵜飼は、何度も見たことがありましたが、実際に乗るのは初めてでした。
遊覧船では、情緒溢れるゆっくりとした時間を楽しむことができました。

また、江戸時代から続く岩国の鵜飼を体験することで、岩国の伝統を受け継いでいく大切さを実感しました!

地元の人も楽しめるので、ご親戚や友人など、岩国に来られた際は、一緒に鵜飼を楽しんでみてはいかがでしょうか。

それでは皆さま、思い出のある夏をお過ごしください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
赤木 千香

赤木 千香

CS推進室山口県東部ヤクルト販売株式会社
資格:保健師、看護師、養護教諭
看護師として病院勤務後、2018年JICA海外協力隊に参加し、フィリピンの村の住民を対象に生活習慣病予防活動後、2020年に入社しました。衛生環境や社会福祉が十分に整っていないフィリピンでは病気によって家族の生活が共倒れする現場に心苦しく感じると同時に、病気の予防の大切さを日常的に住民に伝える身近な存在が地域に必要だと思うようになりました。
「楽しい!」を入口に地元岩国で病気になる前から健康の大切さや健康情報を健康教室やブログを通してお届けしていきたいと思います。
https://www.yamaguchikentobu-yakult.co.jp/